HASSEL 6X6ノート

HASSELBLADの正方形写真への思いを綴っています

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅に出ます

2007-02-01-Thu-21:03
img009midnight.jpg


週末は ぶらり小旅行に出かけてきます。

う~む、やっぱり文字がカタイなぁ・・・
お洒落な文字フォントがほしい。。。

ということで ブログの更新は来週になろうかと思われます。
いってきま~す。 
スポンサーサイト

KM

2007-01-30-Tue-21:36
DSC_0030KM.jpg


仕事も終わり、家事も終わり、お風呂でほっ。

湯船に使り「はぁ~」と一息ついた時の目線がこの位置です。

水道の管に「KM」の刻印。

幼稚園の頃の初恋のお相手・KMくん どうしてるかな~
などとたまに思うのです。

「そのまま」飾る

2007-01-27-Sat-19:37
20070127192406.jpg


今日は富士フィルムイメージング(株)福岡支店の
フォトデイズ(女性のためのレッスン)というイベントに参加しました。

そこでリバーサルを自分の部屋のインテリアとして楽しむという
情報もGETいたしました。

その為のガラスやアクリル製のグッズもあるようですが
35mm用がほとんどです。

6x6用もあればいいのになぁ・・・

○○○○○につける薬はない

2007-01-25-Thu-21:11
20070125205617.jpg


休みの日は ゆっくり寝ていればいいのに、
せっせと早起きして出かける用意。

母もあきれるカメラ病。

火と水

2007-01-21-Sun-20:21
20070121201524.jpg


火と水・相反するものを撮ってみたかった。

明日は月曜ですね。

ノンフラッシュ

2007-01-19-Fri-22:45
20070119223345.jpg


暗い室内でも やっぱり フラッシュなしの色味の方が好きだなぁ。

そのほうが、楽しい会話もこわさないでしょう。

なになに、フラッシュよりもHASSELのシャッター音のほうが
気になりますか?

それは あえて気にせず 「ガッシャンコ」といきます。

愛するモノでトル

2007-01-13-Sat-23:51
20070113233921.jpg


たとえソレが 食べ残したピザの切れ端であろうとも、
愛するモノで撮れば イトオシイ情景に変わるのである。

今日はフォトレッスンメンバーの新年会。

先生を囲んで和やかなカメラ談義は尽きることなく
あっという間の時間でした。

たとえ、カメラバカと言われようとも
ピザの切れっ端に ∞の喜びを見出せる人生は幸せだ!

みんなに会ってそのことをあらためて確信しました。

w w w ・・・

2007-01-11-Thu-21:21
20070111211423.jpg


今週末は、少しゆっくりと Hasselで撮影する時間が取れそうです。

それまで NikonD50+Tamron90mm macro で
ちょっと浮気をしてしまいました。

リリーさんは言っていた

2007-01-04-Thu-21:22
20070104205300.jpg


年末、紅白を見ていたら リリーフランキーさんが審査員として登場。
今年の紅白のテーマ『愛・家族 世代をこえる歌がある』にちなんで、
司会の方がリリーさんに「お母さんに今どんな事を伝えたいですか?」
という様な質問をされました。

ご存知の方も多いと思いますが、リリーさんのお母様は
すでに病気で他界されており、その最期はリリーさんの著書
「東京タワー」に詳しく記されています。

リリーさんは
「今どうこうと言うよりは・・・ぽつんと一人で紅白歌合戦を見ていた母親の背中を思い出して・・・もっと声をかけてあげれば良かった・一緒にTVを見て話し相手になってあげたら良かったと思います」
とコメントされました。

それを聞いてとてもせつない気持ちになり、
早速 隣でなかば眠りかけている母を無理やりに起こし
「さあさあ、紅白ば一緒に見らんね」と呼びかけるも、返事がなく
母の寝息をバックに、アッコさんの「MOTHER」に聞き入った大晦日の夜でした。

(ちなみに その翌日、「今日こそはっ!」と
母が大好きな『相棒・元日スペシャル』を一緒に見て 
孝行ぶりをアピールしておきました。)

日本のお正月を思う

2007-01-02-Tue-17:15
20070102164231.jpg


羽根つき・凧揚げ・コマ回し
かるた・すごろく・百人一首

お屠蘇、お雑煮、初詣
門松、お鏡、しめ飾り

そのどれもが 昔の人の知恵と幸せへの祈りが込められた風習ですね。


最近はあまり見かけなくなった 日本のお正月風景。
原風景に逢いたいと郷愁に浸るだけではなく、
まず自分が「伝えていく努力」をしていかねばならない時代になったのでしょうか。

昨年から始めたブログを通じて
多くの皆さんと出会い、日々 励ましをいただきながら
2007年を迎えることができました。

毎日繰り返される日常の中では、 いつのまにか心の琴線がゆるんでしまいがち、
感受性がどんよりと鈍りがち。
ブログをきっかけとして、いつも琴線をピンと張り 
心の震えに敏感でいられるようにありたいものです。

HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。