HASSEL 6X6ノート

HASSELBLADの正方形写真への思いを綴っています

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おだまきポートレート

2006-06-30-Fri-06:57
20060630064217.jpg

去年 母が近所のお宅にこの花が咲いているのを見て
「欲しい・うちにも植えたい」とずっと言っていました。

可憐なこの花の名前は「苧環(おだまき)」

今年、探し回って やっと購入。
で、庭に植え込む前に 記念に「ポートレート」を撮影しました。
実は この花「横顔」がとても変わった形をしています。
ぜひ、お見せしたい!

なのに、撮り忘れました。ごめんなさい。
スポンサーサイト

視点の違い

2006-06-29-Thu-16:09
20060629154150.jpg


20060629154240.jpg

(下の写真は 以前 カイユ・デ・フォトでもupしました)
友人は上が好きと言いますが、私は下のほうが好きです。

私・・・「上は どこにもピントがきてないし、私としては失敗。しかも、なんか気づいてなかった物も映りこんでるし。下のほうは HASSELが光をドラマチックに捉えてくれている!」

友・・・「下は なんか普通。上のほうが~中には入っていけない・覗いているがわの気持ちを感じられる」・・・マッチ売りの少女?(別にそんなつもりで撮った訳でもないんだけど。。。と思う私)

う~ん・・・ 自分が撮った写真で気になるのは まず技術的な未熟さ。ピント・手ぶれなどは もちろん きっちりと押さえたいのに それができていないとNGマーク。
腕があって、なおかつ コントロールされたブレやボケを決めれる人ってスゴイな~と思います。

私の修行はまだまだ続くとして、その道中で、写真について はっきりと意見してくれる友人は有難いです。しかも、感性が違うほどに楽しい。

ちなみに この友人に花の写真等を見せると よく「う~ん、なんか普通で面白くない」と言われるのですが、言われてみると図鑑みたいな写真が多かったのです。
脱・図鑑写真目指して 頑張ろう!

猫の場合

2006-06-28-Wed-06:42
20060628063901.jpg

あるのかなぁ・・・
猫の場合

自分の体の中で「届かないところ」って・・・

あるのかなぁ。。。

Planar CFE80mm f5.6 1/125 FUJI RVP

きゅうりと言えば・・・

2006-06-27-Tue-07:08
博多んもんの間では、山笠期間中「きゅうりを食べてはいけない」
とされています。博多区内の小学校の給食にも出ないんですよ。
その理由は・・・

20060627065013.jpg

20060627065055.jpg

祭神である祇園さまの ご神紋が「きゅうりを輪切りにした時の切り口の形」に似ているから。
畏れ多くて口にできない・ということで。

それとは 別に「旬のものを断って 山笠(やま)に精進する」
という説も。

七月一日~十五日 博多祇園山笠

話は変わりますが、私の母は
「きゅうりは、血液をサラサラにしてくれるとよ~。はいはい、食べんしゃい」
と いつも酢の物や 浅漬けをつくってくれます。
ポリポリポリ・・・
私の場合「きゅうり」と言えば
「山笠(やま)のご法度」の事と
「おふくろの味」
両方を 思い浮かべます。 

(いやぁ~、ご神紋に似た切り口を持つキュウリ探し・大変でした んっ?これもあんまり似てないかな?)

*下の写真は 雨の「櫛田神社」です

窓から ビオゴン

2006-06-26-Mon-06:41
20060626070025.jpg

さぁ、月曜日~と気合を入れて早起きしたら
またも 雨です。。。

昨日、お世話になっているカメラ店に行ったところ
「標準セットの次は 何にしますか?」
という感じのお話になってしまいました。

私「マクロプラナー120mmなんて どうなんでしょう?」
お店の人「う~ん・・今 お持ちのがプラナーなので 基本的な 色のりは サホドかわりませんからね。。。。思い切って 超広角でいきましょう。 SWC+ビオゴン いかがでしょう?色のりが びっくりぎょうてん するくらい スゴイんです。・空気感が まんま映りこみますよ!」
と、熱く熱く 語られました。

前に 同じフォトレッスンのメンバーの方が
「ライカのレンズって恐竜みたいな名前のが多い」と言ってたような・・・
「ノクチルクス・スーパーアンギュロン・・」確かに。

で、ハッセルのほうも
「ビオゴン・ディスタゴン・・」なんだか 怪獣っぽい。

「出て来い ビオゴン!」
空に向かって 叫んでみた。
・・・・出て来てくれませんよね。

ミッキー

2006-06-25-Sun-07:20
20060625065243.jpg

日曜日は ほっとひと息
こんなのいかがでしょう?
 
福岡は昨夜から雨・雨・雨・・・

今日は 久しぶりに 私がHASSELと出会ったカメラ店の店長さんに
「ちゃんと撮ってますよ」と報告にでもいこうかな。
実は、私の503CW標準セットは 前の持ち主の方が
買ってからフィルム3本撮っただけで 手離してしまったものです。
その理由は「露出計がついてないから 不便。。」

という事で、新古品・3年間の保障期間だって まだ残っています。
HASSELやLEICAなどは いざ故障してしまうと 修理に大変お金がかかるそうですね。

私のHASSELは、過去一度の 落下事故(高さ1mほど)と、
マイナス15度の寒さ(北海道にて)による 凍結事故未遂 にあっています。
(もちろん、すべて私の不注意
が、びくともしません。とても頑丈です。

使用フィルム・フジRDPⅢ  EPSON GT-F600でスキャン
photoshop カラーバリエーションで お色直し

再び ハッセル VS. ライカ (犬猫撮影編)

2006-06-24-Sat-09:44
20060624091253.jpg

土曜日は長文です。
散歩中に出会った ワン&ニャーをうまく撮りたい時
「いかに警戒心を与えず近づけるか」
が ひとつのポイントとなります

迷宮殿

2006-06-23-Fri-07:02
20060623063049.jpg

いまどき なんなんですが・・・
実は 海外に一度も行った事がありません。
(修学旅行も 東京タワーでした。。。)

でも、 「日本の中のヨーロッパ」なら あります!
長崎ハウステンボス 
写真はその中にあるホテルの入り口です。

長崎の市内散策も「異国情緒」を満喫できますが
ここハウステンボスは~ヨーロッパへの憧れ・夢~を 
よりいっそう膨らませてくれる街です。

そして最近は、いろいろな皆さんのブログの中でも「世界のあれこれ」を
疑似体験・ますます 異国への憧れ高まる 今日この頃です。

写真は すでに夜。露出計も「測定範囲外」・で花火を撮る時の感じで 確かf8:3~4秒。
完全に露出オーバー・失敗写真ですが どこか不思議な感じがして気にいっています。

Planar CFE80mm2.8  RDPⅢ

博多っ子の夏

2006-06-22-Thu-07:04
20060622064858.jpg

もうすぐです
七月一日~十五日 博多祇園山笠!

 

そろそろ博多界隈は、山のムードで盛り上がってきています。

この期間中は 仕事を休んで 山笠の行事に集中する男衆も。
(実際、知り合いの中に 就職先で山笠期間中の休暇が認められず転職した人がいます)

「男の祭り」のイメージがありますが
子供の頃は、女の子も参加できるのですね。

PlanarCFE80mm   ネオパン 400 PRESTO

だけじゃない ベルビア (前記事の補足)

2006-06-21-Wed-18:53
20060621183057.jpg

前の記事「Oh!ベルビアカラー」では
  ~晴れた日に絞り開放で撮りたい場合、フィルム感度が低くても大丈夫だから 
ISO50でもOK~という意味の文をのせました。

でも、先生から習ったのは そんな単純なことではないと気がついたので、ちょっと補足です。
  
ベルビアは 彩度、コントラストともに高いので
雨の日や どんよりした日にも良い発色をする


考えてみると晴れた日はコントラストが高すぎると暗部がつぶれたりもしますよね。
(前記事の薔薇の花びらのくぼんだ部分がそう、ちょっとつぶれてます)
ということは 晴天より、どんより日のほうが「ベルビア」の強みを引き出せるのでは・・・
今日は、会社でそんなことばかり考えていました。

さらに、前記事への先生コメントによると
「レンズとフィルムの相性」という新たな着眼点も登場!

やっぱり、フィルムって 奥が深いのね。

Oh! ベルビアカラー

2006-06-21-Wed-06:57
20060621063910.jpg

失うと知って初めて・・・

ISO50 ベルビアを使ってみました
「ベルビア」というと これまでは、
「頑丈な三脚をたてて 渾身の風景写真を撮って大伸ばし」というイメージがありました。
でも、フォトレッスン師匠のオススメによると
 
 ・緑の発色がきれい
 ・晴れた日に 絞り開放で撮りたい時 ISO50も良し
 ・生産中止のため、今後は手に入らなくなる
  
そうか、陽射しも強くなってきた。緑も美しい季節だ。
よし、これは 試してみるべし!

と 撮ったのが 上の写真です。

緑がきれいに撮れてますか~?

Planar CFE80mm2.8+MARUMIクローズアッップレンズ+3
絞り開放(地面に直置きで三脚なし)

~窓辺で 恋をして~

2006-06-20-Tue-06:59
20060620063817.jpg

~窓辺で恋をして~

と 心地よい歌声は 井上陽水さんの「歌に誘われて」の歌詞の一節。
私が住んでいる福岡県のローカルCM用につくられた曲で、CDにもなっている
西鉄バスイメージCMオリジナルソングです。
陽水さんは ご存知 福岡出身の方ですよね。

バスの中から外を眺めると もう初夏の陽射し。

歌詞から想像するには バスに乗って好きな人に会いに行くようでもあり、
もっと遠い記憶の中の人に逢いにいくようでもあり。。。

とても、素敵な歌です。
ちなみに、友人は 歌詞の中の~子供と大人はミツバチ~が気に入って よく口ずさんでます。

(~なぜ、ミツバチなんだろう・)

バスの乗車口の向かいの座席から撮影
カーブに差し掛かり バスの揺れと私の揺れ具合がまっちんぐ。

こんな時は ちょっとブレたり、外の景色が流れたりして動きを出してほしかったのに~
HASSELのいじわる~
(あ、自分の技量のなさのせいでした・失礼しました

ご縁

2006-06-19-Mon-07:07
20060619065817.jpg

ブログをはじめて一週間
その間に たくさんの方に訪問していただいて とても嬉しいです。
みなさん、どうもありがとうございます。
写真は 福岡宮地嶽神社。これもフォトレッスンのみんなで行った場所です。
5円玉のひとつひとつに どんな願いがこめられているのかなぁ~

これからも、ブログを通じて 皆さんと「よいご縁がありますように」

planar CFE80mm 2.8 開放  RHPⅢ

古写真に見つけた色

2006-06-18-Sun-18:07
20060618174422.jpg

長崎古写真資料館は、長崎市内の東山手洋風住宅群にあります。

幕末から明治の古い写真147枚をパネル構成で展示。

そこで 出会った色は「緑のモノクロ?」上の写真のイメージです。

お侍時代の写真が残っている事にまず感動・
緑のモノクロの風合いに いたく惹かれてしまいました。

で、歴史的な説明書きなどを読み忘れた為、いつか再訪問して「緑モノクロ」の謎を解いてこようと思います。

写真は 長崎ハウステンボス内・
カラーネガをスキャンしフォトショップのお力拝借・イメージカラーを再現・

本当は 薔薇の花の部分だけ「オレンジ」にしたかったのですが、元来アナログ派な為 そのような技がありません・・・

でも、古写真資料館には実際そんな「一部色つき写真」もあったのです。

ハッセル VS. ライカ

2006-06-17-Sat-09:11
20060617080403.jpg

今日は会社もお休み・ちょっと長文でいきますよ~

1935年(昭和10年)頃、日本の写真界だけで「ライカVS.コンタックス論争」が勃発したそうです。
事の発端は 当時のアサヒカメラの記事によるもので 詳しくは1年前の「アサヒカメラ2005年5月号特別付録」にも。
それぞれの「外観美」「堅牢度」「レンズ」「シャッター」「精度と確実性」など12項目にわたる評価をめぐるもので、総合点でコンタックスに軍配が上がったため、ライカファンが激怒。
ライカ側も「降り懸かる火の粉は佛わねばならぬ」とパンフレットに謳って対抗したとのことです。

で 「HASSEL」VS.「LEICA」はどうでしょう?
私がお世話になっているフォトレッスンのhide先生は「ライカ党」であります。
ご自身のHPhttp://fatiguer.comを お持ちながら この6月より別宅ブログ「ライカ日和」http://noctiluxf1.blog69.fc2.com/を開設。ちなみに、私はハッセル党ながら ライカにも憧れを抱く「親(しん)ライカ」のハッセル派です。

今日はまず、両者の比較として
「外観美」これは お互い譲れない部分ですね~
絶対に譲り合うことは無いと思うので これはパス・
少し違った観点からにしようっと。
「体に良い度」これはどうでしょう。
散歩は体に良い・・・散歩に適したカメラ・・・となるとやはり ライカですか~(渋々。。。)
先日TVで見たブレッソンの撮影スタイル、ライカを持って後ろ側に腕組してぶらぶら歩き。
決定的瞬間を察知するやいなや 鋭くショット。
で また 何事もなかったように ぶらぶら歩き。これは ハッセルには難しいかも。

しかしながら ハッセルこそが「現代人の体にとても良い」のです

その秘密は 撮影スタイルにあります

昔 猿だった人間は 四足歩行をしていました。
立って歩くようになった事で、まず、腰に負担がかかるようになり次が首。
頭を支える首の骨、実はとても負担がかかってます。

現代人の肩こりの原因の大きなものとして「首の後ろっかわの骨(頚椎」)の間隔が狭くなった」事があげられるのですよ~腰の場合は椎間板ヘルニアなどがそれです。
で、どうすればいいか、骨と骨の間を広げてあげれば良いのです。

上を向いてはダメ。骨の間が狭くなるでしょう・
下を向きましょう、首の後ろ側を伸ばす感じでストレッチ、気持ちいいでしょう。
福岡天神M整形外科クリニック院長も 仰せです。頚椎症予防には下を向いて歩こう。
そうです  ハッセルの お辞儀スタイルが 実はとてもGOOD

この写真はフォトレッスンのメンバーの撮影会の時のものです。
この日 ライカを持ってきた人がいたので みんなで撮らせてもらいました。(やっぱりライカは人気者なので 同じアングルで撮られた方もあろうかと思います。実は私もしっかり撮ってました)

メンバーのブログは「カイユ デ フォト」 http://photocahier.blog14.fc2.com/
それぞれのいろいろな写真がupされていて とても楽しいので こちらも ぜひ どうぞ。

朝の道で

2006-06-16-Fri-07:22
20060616070417.jpg

私が持っているPlanar80mmは、最短90センチまでしか被写体に寄れません。
で、もっと近づきたい時はクローズアップレンズを装着。MARUMI 67mm MC+3を使用しています。
ホントはマクロPlanar120mmに憧れていますが、今の所 高嶺の花。欲しいと言えばDistagon40mmか50mm。スクエアフォーマットにおける広角表現に挑戦してみたいのです。

f2.8 絞り開放 PROVIA400 (クローズアップレンズ装着)

出窓

2006-06-15-Thu-06:24
20060615061445.jpg

窓にカーテン、いつも惹かれる被写体です。昼間 部屋の中から外を撮る場合には、フィルムラティテュードの関係で外の景色がとんでしまう事がありますが、その飛び具合が 自分の好みにあっていると とても嬉しくなります。例えば このくらいの感じで。。。


硬い光

2006-06-14-Wed-07:08
20060614065335.jpg

写真をはじめていなかったら、「光の硬さ・柔らかさ」など 考えもしなかったでしょう。ましてや色に温度があるなんて・(未だに難しいのですが)

太陽の位置と空の青さの関係にも目を向けることはなかったかもしれません。

光の美しさや不思議に感動する事ができるのは、写真を始めたおかげ。
できれば、もっと自由に何時間でも撮り続けていられたら幸せだな~・・・と思いつつ、今日も会社に向かうのです

ちなみに 海外では「黒猫は縁起が良い」とされている国も多いとの事。みなさんに、良いことがありますように・

fuji RVP F

光におじぎ

2006-06-13-Tue-07:23
20060613070449.jpg

私がお世話になっているフォトレッスンの撮影会の時、メンバーの方から「拝むようにして撮ってるね」と言われた事があります。

その時はHASSELで撮る時 おじぎスタイルになる姿勢の事だと思っていました。が、考えてみると 精神的な面でも言い得ているな~・・・と。

まず、HASSELで撮るには 露出を測って、プラスにするか否か等と少し悩んで、ピントを合わせて ここでまた少し悩んで、「ここでいいよね」と まさに祈るような 拝むような気持ちでシャッターを切ります。「ガシャン・」思いっきりのシャッター音。「ぶ、ぶれてないよね。どうか ぶれていませんように」と 祈りの気持ちは スリーブが仕上がるまで続くのです。

fuji FORTIA SP f5.6 1/60 緑をスポット測光して+0.5

グラデーション

2006-06-12-Mon-07:33
20060612071707.jpg

三脚を忘れても、カメラとレジャーシートがあればOK。シートの上にカメラを置いて上からのぞけるファインダー。
そのまま自分も寝っころがって、しばらくの間 空の観察。
そんな時間もよいものです。

fuji fortia f8 JR筑肥線 鹿家駅近くの海岸

はじめまして

2006-06-11-Sun-14:05
20060611165913.jpg

中古カメラ店で 初めて正方形のファインダーをのぞかせてもらった日、その美しさに 息をのみました。
持ち歩くには少しばかり重くて フットワーク良好とは言えないけれど、100枚に1枚くらいは
「写真の神様にしか見えない光の感触」をすくいとってくれる・・・そんな気もしてしまうHASSELBLAD
スクェアカットがお好きな皆さん どうぞよろしくお願いしま~す
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。