HASSEL 6X6ノート

HASSELBLADの正方形写真への思いを綴っています

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋桜の頃 君に逢ふ

2006-10-31-Tue-22:22
20061031221658.jpg


午後三時の光

花の向こうの笑顔に出会う
スポンサーサイト

初めての PROVIA400X

2006-10-30-Mon-22:01
img390.jpg


先週末に 初めて FUJIの PROVIA400X ブローニータイプを使ってみました。

400のフィルムで気になっていた「粒子感」は、
評判どおりかなり改善されているようです。

インドア派の私としては、常用のフィルムに出会えたと嬉しい限り。

使う前はドキドキしましたが、今は「ずっと そばにいてね」という感じです。

お見合い成立です。
 

一日の終わりに

2006-10-29-Sun-18:58
20061029185341.jpg

 
若い二人は

落陽にさえも

明日の希望を見出せる

欲を言えば 源泉かけ流し

2006-10-28-Sat-14:00
20061028134502.jpg


日本人はお風呂好き。
一日の疲れを癒すひと時は大切です。

シャワーだけでなく やはり湯船につかりたいものです。

そして、もっと良いのは全身浴。
つまり 頭のてっぺんから全てお湯の中につかる。

それによって、全身の毛穴から よどんだ「気」が出て行き
身も心もリフレッシュ。
(と言う説が、以前見たTV番組の中で まことしやかに語られていたのだ)

今日もお風呂でブクブクブク・・・・

ぷはぁ~! 30秒が限界です。

はじめの一歩

2006-10-27-Fri-23:16
20061027225225.jpg


今日の写真は Nikon F80S+Tamrom90mmマクロ 

出ましたね!
PROVIA400X  ブローニーサイズ。

135サイズは使ってみましたが、上のような粒状性で
私としては 好きなフィルムです。

手持ちで撮れる機会がググ~ッと増えそうで、ワクワクしますね。

この日のために取っておいた ヨドバシカメラのポイントを使い、
早速 5本セットを仕入れました。

この週末にHASSELで試してみたいと思います。
結果は また後日お知らせします!

忘れかけている大切なものを・・・

2006-10-26-Thu-23:32
20061026232444.jpg


アロマテラピーの本によると
「香り」には いろいろな効能があるようです。

私が一番好きなのは「オレンジの香り」

気持ちを明るくしてくれるそうです。

それから、もうひとつ、

「子供の頃に大切にしていたものを思い出せる香り」
とありました。

大切にしていたもの・・・
何だったのでしょう。

忘れ去ったものが あまりにも多すぎて・・・

赤い電車

2006-10-25-Wed-22:13
20061025215547.jpg


「赤い電車で~・・・・」 @くるり

浅草に行く時は、羽田空港から京急で一直線!と決めていた。
私の住む福岡でも京急のコマーシャルが流れており、
心地よい歌声のせいで、「京急は赤い電車だ」とインプットされていた。

羽田空港駅で、目指す浅草に行く電車を待った。
赤い電車を待った。
どれも、白っぽく 私の乗る「赤い電車」が なかなか来ない。
数本を見送ったあと、さすがに おかしいと気づき
改札に戻って 駅員さんに 勇気をふり絞って尋ねてみた。

(浅草に行きたい旨を告げたあと、停車中の電車でOKかを確認)
私    「あの~・・・、赤くなくても大丈夫ですか?」

満面の笑みとともに、自信満々の答えが返ってきた。
駅員さん 「大丈夫です」

東京に行って初めて京急に乗るみなさん、
赤くなくても 乗って良いそうですよ。

ちなみに、この電車は福岡のローカル線です。

ever green

2006-10-24-Tue-21:17
20061024214347.jpg


大濠公園、室見川・・・福岡市内にも ウォーキングにぴったりの
コースがいくつか在ります。

子供たちは とっくに家を出て、
夫婦二人の変わり映えの無い暮らし。
「お父さん、そろそろ行こうか?」
無言で 靴を履く夫。

健康のためにと夫婦で近所をウォーキング。

幸せに形があるとすれば、そんな光景ではないかと思うのです。

不安定な構図

2006-10-23-Mon-21:06
20061023205347.jpg


あたりまえの事ですが、

「安定した構図」がわかってこそ、「不安定な構図」がわかる。

長方形を撮ってみたからこそ、正方形が好きなことに気づく。

普通のポテトチップスを食べていたからこそ、
「堅焼きポテトチップス」の味わい深さがわかる・・・

(カルビー・堅焼き オススメです)

2006-10-22-Sun-15:02
20061022145328.jpg

子供の頃、お寺の幼稚園に通っていた。
折に触れ、手を合わせることの大切さを教わった。

20061022145409.jpg

観光地、浅草の幼稚園。

雨の日に、母が傘を持って迎えに来てくれた記憶がよみがえる。

起き抜けに champagne

2006-10-21-Sat-14:27
20061021141416.jpg


昨夜は BARで静かな時間を過ごし

今朝は morning champagneで目覚める

明治43年 7銭

2006-10-19-Thu-22:52
浅草・神谷バーで 「デンキブラン」に酔う。
ひと口いただくと、その名の通り カ~ッと「電氣」が走るようだ。

もともとお酒には弱く、即効で酔いが回り 
向かいのテーブル席の人も プラナーのボケと共に溶けゆく・・・

20061019220703.jpg


明治43年当時は 7銭だったそうだが、
今でも 260円で「下町の社交場」の空気を楽しむことができる。

私がバーを訪れたのは、雨の平日 午後2時頃。
地元の人と思われる中年男性が、本や新聞を読みながら 
一人の時間を楽しむ姿があちらこちらのテーブルで見受けられた。

翌日は 土曜日、
神谷バーの前を通りがかると、すごい行列ができていた。

その後、隅田川河畔を散策中、 
缶ビールをお伴に ゆったりとした川景色を眺めながら
時々 のら猫に おつまみを分け与えているおじさんを何人か見かけた。

昨日 バーにいた人達が、観光客に席を譲っているのかもしれない。


光は いつも どこかに

2006-10-18-Wed-23:00
20061018224035.jpg


日常が 分厚い雲のように覆いかぶさってきた日は、
目を閉じて 飛行機に乗った気分になろう。

少しずつ高度を上げて 小さくなっていく自分を見てみよう。

そのうち雲の中に突入すると、ちょっとばかり揺れたりするかもしれない。

もっともっと高度を上げて 雲の上まで突き出ていこう。
そこで、雲の上は光で燦々としていることに気づこう。

気づいたら、また ささやかな暮らしに戻っていこう。

(先日、実際に飛行機に乗って 思ったことです)

カラフル好み

2006-10-17-Tue-23:36
久々の 公園写真です。

20061017234431.jpg


どこの町にも 小さな公園がある。
そして そこには カラフルな遊具が置かれている。
遊歩道もビックリするほど 派手な色だったりする。

果たして、子供は本当に「カラフル好み」「派手好き」なのだろうか。

ハンバーグ・カレーよりも、「白菜の漬物」が好きな子供を知っている。

20061017231839.jpg


もし、子供達に 公園づくりのプロデュースをさせたら、
意外に シックなものに仕上がったりするのでは?
と 密かに思ったりする。

と言いつつ、私は・・・と言えば、
このように カラフル遊具に弱いのだ。
ついつい、撮ってしまうのだ・・・。

でも、ハンバーグ・カレーよりは 
キュウリのぬか漬けの方が好きな所は、
やはり 大人なのである。

「one scene」

2006-10-16-Mon-19:32
20061016190601.jpg


浅草から帰って一週間、見慣れた景色の中での暮らしが また始まった。
けれども、目にする光景のひとつひとつが、
どこか今までと違って見える気がするのは 何故だろう。

前は 何か撮りたいと思い一日歩きまわっても、心が動かず
結局 一枚も撮れずに帰ってくることもあったのに。

商店街を散歩する父娘。
近所のおじいさんが自転車で通りかかる。
父親は おじいさんと立ち話。
幼い娘は、半径50センチの範囲内でひとり遊びをしている。

そのうち、おじいさんは「じゃ、また」と挨拶をして 自転車に乗っていく。
その時、気づいた女の子が おじいさんを追って駆け出す瞬間。

・・・今まで 何も気にとめなかった どこにでもある風景。
   そんな、one scene にさえ 今は 心が動いている。


体験!雷おこしをつくろう

2006-10-15-Sun-17:08
浅草旅行が決まった時、職場の同僚の ロナウジー子さんから
「雷おこしの手作り実体験」をすすめられました。
(名前の由来が気になった方は、過去の記事をご覧ください)

20061015161952.jpg


ロナウジー子嬢 「TVで美川憲一さんが楽しそうにやってたよ・
でも、すっごく熱そうだった。あの声でアッツ~イって言ってたもん」

ネットで調べて「5656(ゴロゴロ)茶屋」さんに予約。

おこしの材料を鍋に入れ、加熱しながら手早く混ぜ合わせていく。

型に入れ込む時は、素手でギュギュっと。
この時が熱いのです!

型の上からカッターを押し込んでひと口サイズにカット。
小さなサイコロ状に切れたら出来上がり。


20061015162025.jpg


んっ? サイコロに切れてない・・・
上は 失敗作です。

嬉しいことに、家でもつくれる「雷おこし手作りキット」がお土産についていますよ。

しかしながら、型&カッターだけはついていないので、
自宅では 極熱のうちに 食べやすいサイズにちぎって丸めます。

これが、またまた アッツ~イ!

上右側の写真は、ちぎったおこしを 缶に 投げ 丁寧に入れているところ。
アチチチチッ!

さ、おこしは出来たぞ。 これは、3時のおやつにとっておくとして、
次なるターゲットは 行列のできるお好みのお店・染太郎本店だ。
レッツ・GO! 

20061015162111.jpg


食べることにかけての自らの行動力には、感動すら覚える旅でした。

リンダの想い出

2006-10-14-Sat-20:43
20061014202749.jpg


リンダ 「私が子供の頃にね、パパに日本に連れて行ってもらったことがあるの」


20061014202824.jpg


リンダ 「パパがめずらしい建物を写真に撮っている間に 迷子になったの私、
     でもね、もちろん すぐにパパが探し出してくれたのよ」
     

20061014202900.jpg


リンダ 「たしか、ASAKUSA という町だったわ・・・」

人待ち顔で

2006-10-13-Fri-23:40
20061013233400.jpg


新仲見世通りを歩いていると、人待ち顔の犬に出会った。

なぜ、ここで待っているのだろう・・・


道往く人は「あら~(どうしたの)」と声をかけていく。

浅草には、こんな 気になる光景が至る所にあった。

はい、ひと休み

2006-10-12-Thu-23:42
20061012234943.jpg


ここらで、甘いものでもいただきましょう。
 
子供の頃、缶詰の蜜豆はちょっと苦手でした。

豆がしょっぱくて どーもいけませんでした。

寒天もあまり好きではなかったので、ピンクのみ選んで食べました。

大人になって食べると、すごく美味しいものですね。
豆の塩っけが何とも言えず 良い感じです。

      ~浅草 梅園さんで 午前10時20分に
       黒蜜がけのあんみつをいただく・・・

ふたり・・浅草寺にて

2006-10-11-Wed-21:53
20061011220136.jpg


ふたり



20061011215133.jpg


あしたも二人で

歩くランドマーク in浅草

2006-10-10-Tue-22:34
10月6日、関東地方は激しい風雨に見舞われた。

強風に、私の傘は何度もあおられ裏返った。
カメラを構えても傘ごと体が飛ばされそうで、
シャッターが切れない。

雷門前では、数人の青年が シャワーのような雨に打たれながらも
「人力車はいかがですか」と お客さんを探していた。

こんな日に 乗ろうと言うお客さんは
まずいないだろうと思った。

仲見世から出てきた多くの人が、
地図を片手に 青年に 道をたずねる。

その度に、懇切丁寧に道案内をしている様子だった。
だが、道を聞き終わると 人は足早に立ち去っていく。


一夜明け、昨日の暴風雨が嘘のような青空が広がった。

「さぁ、今日は大忙しだぜぃ」

20061010215717.jpg


この人たちは、浅草のランドマークとしての
誇りを持っている。

お帰り・・・浅草 日暮れ前

2006-10-09-Mon-18:55
ただいま

20061009184155.jpg



お帰り

20061009184225.jpg


浅草・仲見世の裏通り
骨董品店の飼い猫なのでしょうか・

ただ、この猫は お店のご主人が閉まっていた戸を開けても、
中に入ろうとしないのです。
逃げるでもなく、入るでもなく数分間じっとそこにいました。

道行く人たちも 事の成り行きをニコニコしながら見ています。

もしかすると、飼い猫ではなく お客さんなのかもしれませんね。

(人を撮るぞ!と言っておきながら、まずは猫スナップからでした)

次回予告・・・浅草~働く人編
 

人を撮りたくなる町・浅草

2006-10-08-Sun-19:47
20061008203728.jpg


これまで、人を撮りたいと思ったことは無かった。

空、花、雪、自然のカタチ・・・
それらの美しい瞬間に出会えるよう、あちこち探し回った。
探しているうちに、だんだんと 身近な景色に魅力を感じなくなった。

撮りたいものが何かわからなくなってきた。

今、浅草で 人を見ている。

人の中にいる自分を見ている。

人が無性に撮りたくなってくる町 浅草。

(HASSEL写真のアップには まだ時間がかかりますが、経過報告ということで、
Nikon D50 で撮ったスナップをアップしていきます)

明日は浅草

2006-10-05-Thu-23:18
20061005233331.jpg


明日から、浅草へ撮影旅行に出かけます。
なぜか、浅草なのです。

台風の影響が心配されますが、

「明日は明日の風が吹く」

いってきま~す!

(ということで、来週の半ば頃までブログをお休みいたします。皆さんのブログは、東京でも友人のPCにて拝見させていただく予定です!!)

追伸   本日の写真はスクエアではありません。
     ちょっとした浮気心なのです。

お休み写真

2006-10-03-Tue-23:45
20061003234039.jpg


先日からお伝えしている「フクオカフォトフェスティバル」の
開催期間中の10月1日に、福岡市在住の写真家・川上信也さんのフォト・セミナーが ありました。

写真集をつくる時に、コンテストに入賞するような すごい写真ばかりを並べても 
見る人が疲れてしまってダメなんだそうです。

たまには、ほっとする「お休み写真」を 合間のページに入れると
見ていて疲れない 「愛される写真集」 が出来上がるのだそうです。

ふむふむ、なるほど・・・

 
もちろん、いつも こんな感じで、 お休み写真ばかりでもダメなことは わかっております。。。

いつか、スッゴイのも撮るぞ~!! 

フクオカフォトフェスティバル

2006-10-02-Mon-23:00
20061002223550.jpg


今年で6回目の「フクオカフォトフェスティバル」に
いってきました。

プロ・アマ問わず、年齢問わず、賞金もなく
ただただ「思いが込められた写真の発表の場」なのです。

フクオカの真ん中 アクロス交流ギャラリーに500点以上が展示されていました。

年齢層は本当に幅広かったのですが、目を引いたのは
60代~70代の方の素晴らしい写真が多かったこと。

写真というものは、いくつになっても ずっと楽しめるものなんだ
と実感した 一日でした。

これから、年をとっていく中で 「写真のある人生」と
「写真のない人生」・・・

・・・・・・ある方がいいに決ってます。


(尚、写真と本文は とくに関係ございません。深く考えないでくださいね)

stay gold

2006-10-01-Sun-12:00
20061001115106.jpg


あたふた、あたふた・

忘れていました!

今日は 写真集「福岡の休日」の作者である 川上信也さんの
スライド&トークイベントの日でした。
13:30分から 福岡天神アクロス福岡にて開催。
しかも、入場無料です。
これはぜひ行かなくては!!

これから、お化粧して 着替えて・・・
間に合うかな、間に合うかな間に合うかな~!

イベントのご報告は また 後日ということで。

あたふた、あたふた・

(写真は福岡ではなく「長崎の休日」・ハウステンボスの夜でした)
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。