HASSEL 6X6ノート

HASSELBLADの正方形写真への思いを綴っています

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揺れ動くからこそ美しい

2006-11-21-Tue-22:20
20061121221630.jpg


炎は・・・
揺れ動くからこそ美しい

人も・・・揺れ動きながら生きている
そのことこそが美しい

動きを止めては いけないのだ

(ちなみに この写真は・・・ けっこう止まってます・)
スポンサーサイト

COMMENT



凄!!

2006-11-21-Tue-22:59

こうゆう写真を撮る所が貴女の凄い所って本人分ってますか~~

久しぶりです!

2006-11-22-Wed-00:53
久しぶりです!
ブログを休んでいたんですね~
実は僕も風邪でしばらく休んでいました。
この十日間を取り戻すのに大変です。

相変わらず素敵なコメントですね!
このコメントには、深いものがありますね。

炎のように揺れ動きながら
ガンバってください!!

美!

2006-11-22-Wed-10:08
青い炎、素敵ですね。
見惚れてしまいます。
暗闇に浮かぶ姿が本当に美しいですね。

2006-11-22-Wed-21:14
常に揺れて熱い・・
そして青白く冷静に見えるほど熱いのが炎。
まさにスクエアcatさん自身ではないでしょうか。

2006-11-23-Thu-10:52
冬の寒空を髣髴してしまいました。オーロラなどの自然現象みたい。幻想的ですね、すてき。温かさとひんやりさ同時に感じてしまうのは、なんとも不思議です。
百道にある「西部ガスミュージアム」の、炎の芸術を見るのがとても好きでした。今、閉館されてますよね、確か。

catさんの脈動!

2006-11-23-Thu-15:31
炎をじっと見ていたら、
青白い炎が、大きくなったり縮んだり…繰り返して…!
不思議な魅力に、
暫し、魅入ってしまいました。

この炎は、catさんの脈動であり、息吹なのですね!!

2006-11-24-Fri-03:27
半径~メートルの中にすべてがあるって
誰かが言ってた気がしますが
写真も身近なところにアイディアが転がっているものかもしれませんね。

それにしてもみなさんのコメントが熱い!


じゃ、僕も


青い炎が黒い闇に吸い込まれていく様はまるで宇宙のよう。
その漆黒は無さえ感じさせる。
炎の様に揺れ動く想いが昇華されいつか答えが生まれるといいですね。

2006-11-24-Fri-16:32
写真も記事も吸い込まれます。
炎、光、煙、揺れ動くものは捉えることができないからこそ美しい
形が定まっていないものに人は癒されもするし
翻弄されることもある…不思議な存在ですね。

お返事

2006-11-24-Fri-18:54
mukunohigeさん
す・スゴイですか~・・・・???
だって、これは お鍋を食べたくなって コンロの火から
イメージして 撮った写真ですよ(笑)

お返事

2006-11-24-Fri-19:02
静かな時間さん
風邪はよくなられましたか~?
私はしっかりインフルエンザの予防注射も打ちましたよ。
しかし、ここ数日は ちょっとばかりお腹のほうをこわしておりました。とほほです。
12月はお仕事も忙しくなられるのでは?あまり無理をしないようお気をつけ下さい。
炎のように揺れ動きつつも 情熱的に頑張っていきましょう!

お返事

2006-11-24-Fri-19:09
則貞さん
青やグリーン系など寒色が好きです。
さみしい性格なのでしょうか(笑)
赤い炎より 青い炎に惹かれてしまいます。
ガス灯などもロマンチックでいいですね!


お返事

2006-11-24-Fri-19:19
Kさん
そうですね・・・
私の場合、目鼻立ちはあまりくっきりとしていない
日本犬みたいな顔ですから、クールに見えるかもしれません(笑)
内に秘めた情熱というものがあるとすれば
チャッカマンで点火しなければっ!

お返事

2006-11-24-Fri-19:28
akiyasu_sukiyasu さん
オーロラ、見てみたいです!
しかし、結晶の次に狙うにしてもあまりに無謀ですね(笑)
西部ガスミュージアム、私も好きでした。
確かに 今はもう閉館してしまったようで残念です。
九電体育館そばの電気の記念館?には電気式のランプがたくさん展示されていましたが、炎の色の美しさとはやはり違っていたような気がします。

お返事

2006-11-24-Fri-19:33
Grayman2006さん
この炎が動いているように見えたとすれば
それは まさに Grayman2006ご自身の
内面の感受性の豊かさの証明ではないでしょうか?
きっと そうだと わたくしは思うシダイです。
もちろん、私自身の情熱の炎も絶やさず生きていきたいです!

お返事

2006-11-24-Fri-19:36
ウナムさん
>炎の様に揺れ動く想いが昇華されいつか答えが生まれる・・
いや~、名文ですね。
感動しましたよ。
2007年に向けて いい答えを生み出せるよう
頑張る気持ちが 湧き起こってきます!
(ウナム先生、国語もイケテますよv-20

お返事

2006-11-24-Fri-19:44
pathos_mieさん
おっしゃる通り!
炎や煙など、見ていると動きがあるから美しいんですよね。
で、動きを止めて写真に撮ってみると意外にそうでもなかったりして。
なんとか動きを表現したいとジタバタしてみたりして・・・
光も不思議な存在です。
そして それらに翻弄されることが楽しみであったりもします。

お返事へお返事

2006-11-24-Fri-20:03
私がこの写真を凄いと思った訳

お鍋のコンロの火を写真に撮ろうと思うのは
ガス会社の人かコンロ会社の人が
コマーシャル用に撮るのがせいぜいで
いくらお鍋が食べたくても凡人にはその発想は
でてこないと思うからです

私が知る限りコンロのガスの火を(趣味で)
Hasselで撮ったのはcatさんだけ

そこんところの発想が
貴女は天才かもと思うわけで

凄い!!ともう訳でありまする

ところでなに鍋が食べたかったの?

再度お返事

2006-11-24-Fri-20:44
mukunohigeさん
おほほほほ・
私が食べたかったのは、マロニーの入ったタラちりです。
魚類はもちろん大好きですが、
あのマロニーのつるつる感が大好きなのです。
ガス会社に勤めていれば、もっといろいろなタイプの炎が
撮れるのになぁ~。
っと思いつつ、次回はキムチ鍋もいいかなぁ・

再度お返事へのお返事

2006-11-24-Fri-21:39
タラちりにマカロニって・・・
普通入れるものなの?
福岡だから?
catさん家だから?
天才だから?

今度ウチでも作ってみるべし!!

とどめのお返事

2006-11-25-Sat-17:46
mukunohigeさん
あの~・・・
マカロニではなくて「マロニー」です。
中村玉緒さんが白い割烹着を着てCMをしています。
(え、もしかして 長野には売っていないのでしょうか?)
春雨でもなく葛きりでもない、お鍋に入れても煮崩れないアレです。

やはり、私も「タラチリにマカロニ」は 合わないと思います。
今夜のmukunohige家の食卓に「マカロニ入りのお鍋」が
登場していないことを祈るばかりです。。。。。

そうかぁ~

2006-11-25-Sat-18:10
ウァハハハハ!!
これはもう笑うしかない(自分のおバカさに)
もう少しでマカロニ入りのお鍋を作る所だった
でも以外に旨いかもしれないな
ウァハハハハ!!

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。