HASSEL 6X6ノート

HASSELBLADの正方形写真への思いを綴っています

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々の誘惑 Ⅱ

2006-11-30-Thu-22:04
20061130220241.jpg


勤め先の隣が「ビックカメラ」・・・

スポンサーサイト

COMMENT



2006-11-30-Thu-23:32
四国の教授が発明?したという青色発光ダイオード。
それ以来、本当に青いイルミネーションが増えましたね。
教授はにやにやしてることでしょう。
しかし、すごいなぁ。

私だったら

2006-12-01-Fri-01:29
このピカーっと光ってるお城的ものを水面の写りこみとシンメトリー
に絵を作ると思うのですが
ビックカメラの看板を入れたところが現実の世界と異次元の世界の両面を同じ画面を意識できて凄いな!

ところでナウム氏の書き込み勉強になりました
青色発光ダイオ-ドなんですね
綺麗だな~

ビックカメラとは大判カメラの事ではないんですね
大きな声では言えませんが長野には無いんですよ~

2006-12-01-Fri-02:35
綺麗なブルーです!
特に水面に映った方のブルーが、ちょっと濃い目でとても綺麗です。
札幌でも大通りでイルミネーションが始まりました。
雪も薄っすらと積もり、寒い冬の到来です!
スクエアcatさんにとっては、雪の結晶の季節ですね。

しかしビックカメラが隣とは・・・
確かに誘惑は多そうですね。

2006-12-01-Fri-19:39
ここにも青色発色ダイオードが…。キレイ…と思って見ていたら
確かにとんでもない場所にビックカメラがありますね。
嬉しいやら…困るやらですが…
目の保養に行っているうちにお財布が
軽くなってしまいそうですね。

2006-12-01-Fri-21:58
おお、きれいですねぇ。こうして見るとTDLのパレードのようでもあります。あの公園のイルミネーションは毎年どんどん素晴らしく規模が大きくなっていますでしょ?いつしかロックフェラーに並ぶ日が来るのでしょうか。

この「ナナメ」切りは、絶妙ですね。みなさんおっしゃるように「ビックカメラ」という、現実味がとってもスパイシーです。

お返事

2006-12-02-Sat-09:29
ウナムさん
ほほ~、四国の教授のおかげで青色イルミネーションが見れるんですか。
そう言えば昔 うちのクリスマスツリーのチカチカ電気は
赤と黄色だけだったなぁ・・。
それはそれで、なんだかあたたかい思い出です。
「青いバラ」開発が話題になるくらいだから、
「青づくり」って けっこう難しいのかもしれませんね。

お返事

2006-12-02-Sat-09:40
mukunohigeさん
長野にはないんですね、ビックカメラ
(大きな声で言ってしまってスミマセン)
残念ながら、店頭には大判カメラは置いてないようです。
たぶん、お取り寄せでしょう。
今は、デジカメ軍団が売り場を占拠していて、
フィルムチームは隅っこの方に追いやられています。。。
その辺の動向が気になるため、昼休みにちょこちょこ偵察に行ってますが、
お店の人からは明らかにマニアだと思われているでしょう。
ちなみに このお城的な異次元空間、中にも入れるようになっていますよ。

お返事

2006-12-02-Sat-09:52
静かな時間さん
札幌のイルミネーション・美しいでしょうね~!
私が行った時は、雪祭りの準備中の頃で
自衛隊の皆さんが 雪像をぺたぺたと作成中でした。
クリスマス用のイルミネーションも見たみたいなぁ。
もう積もりだしたんですね、雪!
結晶撮影に燃えた日々がよみがえります(笑)
札幌にもありますよね、ビックカメラ。
フィルムが足りなくなったので買い足したのが そこでした。

お返事

2006-12-02-Sat-10:02
pathos_mie さん
やっぱり流行みたいですね、青色発光ダイオード。
会社のお隣にあるとは言え、そうそう大物は買えないのですが、
カメラ雑誌に、カメラバッグ、アルバムに え~っと それから。。
ご想像通り、お財布の方が 軽~く薄~くなってしまいます。
せめて、毎年今頃から店頭で配られる無料のカレンダーは、
2枚くらいGETしても おこられないかな~
なんて 思ったりもします(笑)

お返事

2006-12-02-Sat-10:10
akiyasu_sukiyasu さん
そうそう、公園イルミネーション、毎年豪華になってますよね。
でも、いつも必ずいるのがミッフィー。人気者なのでしょう。
会社帰りに通ると、子供連れの家族があちこちで写真撮影をしています。
親は子供にカメラを向けて「こっち向いて!」と一生懸命。
でも子供は自分の後ろにあるキラキラミッフィーに心奪われ
カメラの方なんて見ようとしない。。。
そんな光景を見ていると、それだけで心和みますよ。
ロックフェラーのツリーは200メートル以上だそうですから、
並ぶのはちょっと厳しいかもv-255

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。