HASSEL 6X6ノート

HASSELBLADの正方形写真への思いを綴っています

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電線に声が乗るなんて

2006-12-06-Wed-22:08
20061206215404.jpg


グラハム・ベルが発明したと言われる電話。
1876年、接続の実験で発した第一声は
「ワトソン君、こちらへ来てくれないか」だったそうです。
スポンサーサイト

COMMENT



通信技術

2006-12-07-Thu-15:12
昔の電話はデカイけど作りが良いですね~
ベルがついてる板なんて面が取れていて角にアールがついて
まさしくアールヌーボーしてますね(たぶん間違った使い方)

それにしても通信技術の発達はとんでもない勢いで加速してきましたね、開発者ベルでさえこれほど短時間にこれほどまでの技術が開発されるとは思っても見なかったでしょう
しかしいくら技術が発展した現代でも話す内容はベルさんと同じ
私は毎日娘に「お父さん、学校に迎えに来て」という
短い電話を貰います

2006-12-07-Thu-18:19
確かに不思議ですよね。
今や手のひらサイズの端末で
番号押した数秒後には北海道でもどこでも声が届いちゃいますからね。
車でいくと1日はかかるようなとこでも
一瞬でビューンって届いちゃう
すごいことですよね

お返事

2006-12-08-Fri-21:56
mukunohigeさん
「お父さん、迎えに来て」~ほのぼのしていいですね。
(娘さんにとっては単なる業務連絡だったら哀しい・・・)

電話にPC、技術の進歩には目を見張るものがありますが、
古き時代の物のデザインにも 時々はっとさせられます。
アールヌーボーかどうかは私にも???ですが。

お返事

2006-12-08-Fri-22:02
ウナムさん
そうそう、今は北海道でも海外でも
電波に乗って声が届くんですから、すごい事ですよねv-80
ポケットベルなんて、懐かしいものもありました。。。
携帯がお財布代わりにもなる時代、
どこまで進化していくのでしょう?・・

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。