HASSEL 6X6ノート

HASSELBLADの正方形写真への思いを綴っています

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び ハッセル VS. ライカ (犬猫撮影編)

2006-06-24-Sat-09:44
20060624091253.jpg

土曜日は長文です。
散歩中に出会った ワン&ニャーをうまく撮りたい時
「いかに警戒心を与えず近づけるか」
が ひとつのポイントとなります で、今回の HASSEL vs. LEICA のお題は
「どっちが、警戒心を与えないか?」

HASSELの場合
お、いいなと思ったワンまたはニャーを見つけ
そろそろと近づく。
すでに 上からファインダーを覗くいつものおじぎスタイル

20060624092038.jpg

しまった、気づかれた
でも大丈夫。
この時 ワンに見えているのは
美しいツァイスレンズと 私の頭頂部。
レンズの件はともかくとして
「警戒心をあおる 頭頂部」を持った人は あまりいないと思う。

「親しみ」や「哀愁」の感をただよわせている事はあったとしても、
頭頂部で警戒心をあおる心配は まずない。

で、無事撮影成功!

これがLEICAの場合、ごく まれにだが そうはいかない場合がある。
顔のほぼ半分は 美しいM型ボディで隠せても 
LEICA使いの皆様方のお顔そのものが ちょいとコワモテだったりすると 
即、警戒心を与えてしまうから。

話はHASSELに戻り、
無事に一枚目を撮り終えて、続いて次の撮影に備えフィルム巻上げとシャッターチャージ。
ジーコ・ジーコ・ジッ
あっ、起こしちゃった?
 
20060624093646.jpg

HASSEL使いの神聖なる儀式とも言われる この一連の作業音が
思わぬ警戒心を与えてしまったようです。

という事で 今回は ドロー
スポンサーサイト

COMMENT



2006-06-24-Sat-11:11
頭頂部で油断させるとは、やりますねえ^^
たまにレンズにどんどん鼻っ先を近づけてくる猫ちゃんがいて、
慌てふためいてピント合わせた途端、
ぷいっと雲隠れ。
それもかわいい^^
こういう独特の青の色、好きです。
どうやったら出るのかといつも思います。

忘れていました。
リンクさせても貰っていいですか。



2006-06-24-Sat-17:04
>Kさん
リンクの件、ぜひ お願いします。
私もさせていただきたいなぁ。
この「青」はフィルムのせいかもしれません。
見た目よりやや強めに色が出る「ベルビア ISO50」を使いました。
私も、青や緑は大好きで、自分の思い通り、または
それ以上の色に仕上がると とても嬉しくなります。
うちの近所の猫も すりすり寄ってきたかと思うと
プイッと きびすを返して とっとといなくなってしまう事が多いです。
でも、私も猫の気まぐれなところが好きですし
実際 私自身も気まぐれ族かもしれません。

2006-06-24-Sat-19:48
リンク私のも是非お願いします。
ベルビアISO50というフィルムですか。
50というと随分感度は低いようですが、
使い勝手はどうですか。
私は構え方がどこか横着なんでしょうか^^;
よく手ぶれを起こしています。
スクェアcatさんのカメラだと両手で下手で支えて構えるので、
普通のカメラに比べたら手ぶれは少なそうに思えます。
フィルムのこと少し勉強してみます。


2006-06-24-Sat-21:47
Kさんへ
リンクの件 どうもありがとうございます。
私のほうもリンク完了で~すi-179

実は私もこのフィルムは まだ使い始めたばかりです。
生産中止になっている為、もうすぐ店頭から消えるとの事で・・・
ISO50でも 晴れの日は開放に近い絞りなら
普通に手持ちで使えます。
私も手ブレをしないように気をつけてはいるのですが、それでも 1/30秒以下だと厳しいです。
ハッセルはストラップをつけると ちょうど胃のあたりにきます。
で、両手とお腹で(笑)支えるようにして撮っています。
最近は 視力が落ちてきたので ピントのほうが
あやしくなってきているようですi-229

2006-06-25-Sun-13:45
是非、アンリ・カルティエーブレッソンの撮影シーン映像を見てください。顔を含め、カメラの存在もなかったかのようにシャッターを切るのはほんの一瞬の出来事なのです。露出は前もってシャッター速度も決めておいて、ピントは撮影距離を考え被写界深度を利用しつつカメラを構えて瞬時にシャッターを切る。これができるので、一眼レフのオートフォーカスを使うより素早く行動できるのでスナッパーに人気があるのです。加えてカメラ自体だけでなくシャッター音も小さいので通行人等の被写体も緊張させることなく自然なスナップができるのです。とはLEICA応援隊のコメントです。

2006-06-25-Sun-20:58
>LEICA応援隊・hide先生
むむむっ・これは なかなか手強い。。。
と言うか、大変説得力のあるライカ擁護論です。
「顔を含めてカメラの存在がない」・・・
これには まいりました。ライカのシャター音は
ライカサウンドとも言われる程、静かで美しいものだそうですね。
しかし、わが ハッセルの 「ガシャ」っというシャッター音も
「空気感までをも閉じ込める音」として名高いのであります。
(と、この戦いはまだまだ続きそうですね)i-179

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。