HASSEL 6X6ノート

HASSELBLADの正方形写真への思いを綴っています

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンズをはずして

2006-07-09-Sun-14:54
20060709143208.jpg

ピンホール・ハッセルブラッドに挑戦してみました。

私の愛読書 「ハッセルブラッドの時間」(藤田一咲氏著)
の中に書かれていた通り、まずレンズをはずしてから
そこに 針ほどの大きさの穴をあけた黒い紙をテープで貼り付けます。

ボディにテープを貼るなんて~
とお思いの方もおられるでしょうが、
「立ってる者は親でも使え」「カメラは使ってこそなんぼ」
と ここは大胆にペタペタと 光が入らないように貼り付けます。

そして、別に用意した黒紙で露光の時間に合わせてこの穴を
おおったり はずしたりします。

最初は何でも物まねからと、被写体も 本に載っていた
ノスタルジック遊園地から。

KODAKポートラ 160NC
スポンサーサイト

COMMENT



2006-07-09-Sun-16:30
初めまして。げんといいます。
いつも楽しく拝見させていただいています。

スクエアcatさんは行動力がすごいですね。
思いもしない視点の写真がすごいと思っていましたが、行動も・・・

「カメラは使ってこそなんぼ」は同感です。
道具ですから愛情もって使うことは大事ですがキズが入ることを
恐れてはダメですよね・・・
そういう意味で「ボディにテープを」っていうのは面白いって思いました。

でも、黒い紙でおおったりはずしたりしなくても、バルブでミラー
上げてシャッター操作で大丈夫だと思うんですが・・・
ミラーの後ろに縦の観音開きの遮光機構がありましたよね?<=ハッセル
(訂正)
ミラーアップしたら補助シャッターまで開くみたいですね。
シャッター操作だけで大丈夫でした(^^;;

応援しています。これからも楽しい写真を見せてくださいね。

2006-07-09-Sun-17:45
おぉ、こぉ、これは!!!
ウナムさん流に驚いてみました^^(少しオーバー)
いやあ、味があり過ぎです。
ピンホールは私もいつかやってみたいと思っていましたが。
白黒写真に後から色付けしたような色もいいですね。
チャレンジ精神に乾杯です!!



2006-07-09-Sun-18:42
>げんさん
ようこそ いらっしゃいませ~
そして、応援ありがとうございます。
コメントいただいてから あらためてHASSELの使用説明書を読みました。
ふむふむ、なるほど。
もともと、レンズシャッターの機構的な仕組みなどの理解度には ちょっと自信がありません。
ミラーアップレバーも どことなく「開かずの間」のような存在で 
触ったことがありませんでしたi-229
もし よろしければ これからも いろいろと教えていただけると とても嬉しいです。

>Kさん
驚きのコメント ありがとうございます(笑)
「白黒にあとで色付け」・・・
そうですか、面白い感じに受け取っていただいて
私もにんまりとしてしまいました。
初めて ピンホールに挑戦した時の感想は
「あっ、ほんとに写った!」です。
思った以上に新鮮な感動がありますよ。

2006-07-11-Tue-01:03
待ってました、スクェアcatさん!ピンホール写真の登場ですね。ノスタルジックな公園。記憶をまさぐられる想いがします。
私はいまだ「大人の科学」付録のピンホールカメラを部屋に飾ったままです。スクェアcatさん、ピンホール写真どんどんアップしてくださいね。私の重い腰をあげて~ぇぇ~

2006-07-11-Tue-06:35
>akiyasu_sukiyasuさん
付録の組み立て 終わりましたか?
ピンホールは パッキリ写真とは反対のねむ~い写真。
これからの季節、夏のけだる~いお昼寝モードの写真も
面白いかもしれませんよ。(白昼夢)
ささっ、腰をお上げくださいませっ・

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。