HASSEL 6X6ノート

HASSELBLADの正方形写真への思いを綴っています

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠くに暮らしていても

2006-07-24-Mon-20:04
20060724194233.jpg

7月は妹の誕生月でした。
社会人になってしばらくしてからは、私は福岡、妹は関東と
もう ずっと離れた場所で暮らしています。

元気にしてるかなぁ・・と 思うことはあっても
「便りがないのは、元気な証拠」と
そう 頻繁に連絡をとり合うこともありません。

でも、姉としては 心のどこかで いつも気にかけてはいるのです。
「これまで、姉らしいこと何もしてあげていないね、
 いつか、きっと 何か役に立てるようにと思っています」

雨の被害も含めて 今日も色々なニュースが・・・
家族を思う 月曜日です。

スポンサーサイト

COMMENT



2006-07-24-Mon-21:09
綺麗な水滴のように見えるのはガラスのおはじきか何かでしょうか。
鶴の折り紙はシャッターのタイもイングで、
落としたとか^^;
それにしても、綺麗なイメージです。
スクェアcatさんのスタイルみたいなものがはっきりしてきたような一枚と思います。
(なんて私のようなものが偉そうに済みません^^;)
ところで、今日書店で「カメラ日和」8月号を見ました。
当然ご存知だとは思いますが、
ましかく写真特集でした。
スクェアcatさんの写真が頭に浮かびました^^

2006-07-24-Mon-22:22
>Kさん
ピンポ~ン。
今回のアイテムは 折鶴、リボン、そして「おはじき」です。
実は ・・・ 鶴は、ビーズアクセサリーを作る時に使う透明な感じの糸を通して、
タオルかけにぶら下げています。
撮影ウラは、ちょっとカッコわるいですね。
「偉そう」だなんて、とんでもない!私らしさを感じていただけたなら とても嬉しいです。
「カメラ日和」は今日本屋さんで見て、にま~っとなり。。
やっぱり買ってしまいました。

2006-07-25-Tue-06:54
いつもそのアイデアには関心致します。
私が同じ事をやろうとすると考えすぎていじりすぎて結局面白くなくなってしまうことでしょう。
この絵は女性ならではの感性があって構図としてとても面白いと思います。
ただもう少し周辺光量を稼げるようにしたほうが良いかと個人的には考えます、補助光(ストロボ)をバウンズさせて当てるなどしたら画面周辺編まで光が回って更にピンクのリボンと折鶴だけに集中できて良いかと思います。
もしかしたらまだストロボをお持ちじゃないのかも知れませんが今後室内でこのような絵を撮られるのであればあって損はないかと、技術的なことも身につくし。
と!!
私こそ偉そうにすみませんm(__)m。

2006-07-25-Tue-17:49
>mukunohigeさん
いつも、いろいろなアドバイスをありがとうございます。
「すみません」なんてとんでもハップンですよ。
周辺落ちは、私もちょっと気になっていました。
ストロボは持っているのですが
なんせ、露出の決め方に自信なくて ・・・
鶴の動きを出せるくらいの光量で、
周辺落ちをカバーするという技が、今の私にはとてつもなくハイレベルに思えます。
たしか、露出計の説明書に、ストロボ使用時のことが書いてあったんですよね。。。。
まず、説明書を探すことから始めます!

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。