HASSEL 6X6ノート

HASSELBLADの正方形写真への思いを綴っています

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝の道で

2006-06-16-Fri-07:22
20060616070417.jpg

私が持っているPlanar80mmは、最短90センチまでしか被写体に寄れません。
で、もっと近づきたい時はクローズアップレンズを装着。MARUMI 67mm MC+3を使用しています。
ホントはマクロPlanar120mmに憧れていますが、今の所 高嶺の花。欲しいと言えばDistagon40mmか50mm。スクエアフォーマットにおける広角表現に挑戦してみたいのです。

f2.8 絞り開放 PROVIA400 (クローズアップレンズ装着)
スポンサーサイト

COMMENT



2006-06-16-Fri-21:13
おっ。今回は雰囲気がちがいますね。
スクエアで広角ですか。そうぞうがつきませんが、なんか どきどき しますね。

2006-06-16-Fri-23:05
どきどき感・よいですね~。
確かにスクエアの広角はフレーミングが難しいらしいです。でも、ハッセル使いのプロの方たちは、写真の中で「正方形の宇宙」を創れるのだとの事(「使うハッセル」赤城耕一氏著)
すごいでしょ~・・・・とレンズを持ってない私が語ってますがi-179

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。