HASSEL 6X6ノート

HASSELBLADの正方形写真への思いを綴っています

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お呼びでございますか?

2006-09-10-Sun-10:54
20060910102125.jpg


ベストセラー小説・リリーフランキーさんの「東京タワー」
遅ればせながら、少し前に読ませていただきました。

感動しました!
今更ながらで ナンナんですが、これは オススメですよ。
(最近の版には、帯に福山雅治さまや E.矢沢さまのオススメ文が載っていました)


まだ読まれていない方のために、ストーリにはあえてふれない事にしますね。

で、その中に女性と食事をするときのお話がでてきます。
「お箸の持ち方がおかしい」だの、料理に関するいろいろなウンチク話ばかりして、
目の前のあったかい料理がドンドン冷めていく・・
そんな女性とは お付き合いしたくない というような事が書かれていました。

つくった人は「あったかいものは あったかく、一番美味しい時に食べて欲しい」
と思っています。
その思いを受け取れないような感性の人はイヤだと。

料理のことではないにしても、作法や形式なんかは
そもそも 「思い」あって生まれたはずもモノ。

作法や形式にとらわれて もっと大切な「思いやり」を
どこかに置き忘れてはダメですよ・・と私は解釈しました。

写真にも言えることかもしれませんね。

技術的なことも必要かもしれませんが、
まずは 「伝えたい思い」があってこそ、撮りたくなるんですから。

(ちなみにお箸の持ち方についてですが、実は 私も変なんです)

スポンサーサイト

COMMENT



おでんくん

2006-09-10-Sun-13:26
リリーさんの作品だったら私は断然「おでんくん」だな、つゆの向こうに「東京タワー」も見えるし、登場人物に哀愁あるし、思いやりの心もテーマになっていることが多いよね、
実は「東京タワー」は読んでません、本屋さんの前に平積みされてるベストセラーは少し抵抗があって、と言いつつハリーポッターや国家の品格は読んでしまったな~

この春引越ししたんだけど家に読み終えたハードカバーが300冊ぐらいたまっていて断腸の思いでブックオフに売りに行ったら二千円ぐらいにしかならずにショックを受けました、かといって読んだ本の感動は1年もしないうちにどんどん脳みそから流れ出し内容はほとんど思い出せないし何やってんだか分らない状態です、せめて撮影する時の「伝えたい気持ち」とカメラの使い方ぐらい覚えとかないとな~

2006-09-10-Sun-21:37
「はや~!!、もう食べたん??」と、
いつも私は家の者に言われます。
すかさず、「食べ物は早く食べるのが一番おいしいんよ!!」と、
いつも私は答えます。
だって本当ですから。
でも、ゆっくりと味わいながら食事をするのが人間の証かもしれないですね。
(ちょっと話題の観点からずれてるかもしれない^^;)

2006-09-11-Mon-22:35
僕は喫茶店でコーヒー一杯でがんばれない人です。
だってそこにホカホカのコーヒーがあるんですもの!!
我慢できな~~~い!!もうちょっと味わえってつっこみが入るのですけどね。。。
(あ、kさんとかぶってる・・・)
東京タワーは読んでないですねぇ。一度読んでみようかな。
感性や情緒は磨いていきたいですね。

お返事

2006-09-12-Tue-00:10
おでんさん・・じゃなくmukunohigeさん
リリーさんの おでんくんは、私のまわりでもとても人気があるようです。
おでんくんって、きんちゃくなんでしょ。
「東京タワー」は 恋愛ものではなく なんていうか その~
親子もの・・・という感じです。
私も 最近 職場の友人にすすめられて読んだんですよ。
ちなみに、その友人は お姑さんと一緒に読んで二人で大泣きしたらしいです。。。
ブックオフにも そろそろ出物があるかもしれませんよ。

Kさん
私も けっこう 早い方です、食べるの。
なんとなく 早く食べないと おなかいっぱいになって
せっかくの料理を残してしまいそうで。。。
もったいない、という せつな~い性分が働いてしまうんです。
でも、よく噛み噛みしてたべましょうね。

UNAMさん
うなむさんが、猫舌ではないことがわかりました。
コーヒーも 冷めてしまうと 美味しさ半減ですよね。
「東京タワー」は ぜひ、お母さんと一緒に 読まれるといいと思います。
ウナムさんブログに ちゃんとダメだしまでされるステキなお母さん。
読んだあと 感想などを親子で話すと またいっそう 絆が深まるんじゃないかな~。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。