HASSEL 6X6ノート

HASSELBLADの正方形写真への思いを綴っています

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結晶マニア

2006-09-14-Thu-23:55
20060914234614.jpg


実は、私は「結晶マニア」です。
福岡では 雪が積もるのは年に数回。

ましてや、雪の結晶なんて 見たことがありませんでした。

今年の一月に 北海道に行くまでは・・・

生まれて初めて「雪の結晶」を 肉眼で見た時の
感動を みなさんに おすそ分けです。

(Nikon F80S + Tamron90mmマクロ)

HASSELで撮ったわけではありませんが、
HASSELの上に舞い降りてきた結晶ですから
6X6ノートにUPいたしました。
(めっきり涼しくなったせいか 北海道旅行のことを思い出してしまったのです。。。)

福岡に帰ってきてから「ホントに雪印のマークだったよ」
と言っても 信じなかった九州人の皆さん。

どうだ~!
スポンサーサイト

COMMENT



2006-09-15-Fri-01:24
おみそれしました!
雪の結晶て、顕微鏡とかなくてもこんなに綺麗に撮れるもんなんですね。
北海道に住んでいながら、雪の結晶なんて今までジックリと見たことなっかたんですよ。
今年の冬は試してみようかな?

結晶もいいですが、ユックリとしっとり、ふわふわ落ちてくる
ボタン雪もいいもんですよ~
北海道ならではの醍醐味です!

お~

2006-09-15-Fri-05:10
Hasselに雪の結晶ですね、まさかこの写真を撮っていてHasselを凍らせた訳ではないでしょうね、この綺麗な結晶からいってマイナス10度以下ぐらいは下がっていたのではないでしょうか?実は私も雪の結晶を撮ろうと思って去年ベローズを購入したのですがよほど冷え込まないとこんな綺麗な結晶のまま地上に降りてこないことを体験として感じています、今年の冬は再挑戦しようと思っていますが信州でも冬の北海道と気候が似ている菅平あたりに出かけてみようと思っています。ただそれだけ極寒だとHasselにも防寒着が必要かもしれません、それと突然暖かい部屋などにカメラ入れるとびちょびちょになるから注意が必要だべ

2006-09-15-Fri-09:50
スクェアcatさん、おみごとです、この雪印マークの結晶、雪印よりも繊細なつくりですね。超精密なレース網みたいでもあります。六角の対称が美しいこんな結晶をつくりだす自然は驚異ですね。いやいや、もっと驚異はスクェアcatさんの雪の結晶の語りかも、ですね~。この雪の結晶、どのくらいの時間形をとどめているのでしょう?やはり「瞬間の美」の範疇なのでしょうか?

2006-09-15-Fri-20:52
うーつーくーしー!
僕も雪の結晶を中学のスキー合宿で見たときは感動しました。
だって服についても溶けないのですから。
形も奇跡ですよね。

2006-09-15-Fri-21:44
私も九州生まれの九州育ち(と言いたいけど、育ちは大半以上大阪ですが)、
こんな綺麗な雪の結晶など直に見たことなどありません。
ハッセルの上に・・というのがリアルですね。
まるで絵のようですね!!
(こんな表現しか出来ないです^^;)
この写真で充分感動しました。
いや~、本物を体験したくなりました。

お返事

2006-09-16-Sat-09:20
静かな時間さん
北海道に2年間住んでいた人から
肉眼でも見える時があると聞いて、
「見えたらいいな~」と希望に胸ふくらませ旅立ちました。
撮影地は美瑛です。
願いが神様に届いたのか、雪のコンディションが良く
こんな風に撮れました。

今度の冬も行きたいなぁ。釧路あたりに行ってみたいです。
ボタン雪も・・・見たい見たい!
北海道にお住まいの静かな時間さんが うらやましい限りです。
 

お返事

2006-09-16-Sat-09:31
mukunohigeさん
実は このときHASSELを凍らせてしまいました。。。たぶん・

最初は HASSELを三脚に立てて風景を撮っていました。
もちろん、撮影前後は ぬくぬくフリースで防寒対策もばっちり。
その時 はらはらと雪が舞い落ちてきて黒いボディの上に。。。。
サブ機のNikonで 夢中で撮りました。

しばらくして、またHASSELで撮ろうとファインダーを覗くと・・
あ~ら、不思議! 正方形のはずが 丸い黒枠ができていたのです。
まるで、魚眼レンズみたいに!
わわわ・・と思いましたがそのまま数枚撮ってから室内に戻って解凍。
翌日には、黒い枠は消えてなくなっていました。
それでも写真の方は 枠もなく 普通に撮れていましたから、
やはり HASSELくんは 頑丈ですね。

お返事

2006-09-16-Sat-09:40
akiyasu_sukiyasu さん
結晶は、風がなければ 数分は見れると思います。
でも、ピント合せの最中に 次の雪が上に落ちてくるので
その時点で 崩れてしまいます。
また、落ちる場所、ベースによっても違いがありますね。
例えば 平らなものの上に落ちると きれいな形のままですが、
毛糸のように繊維がモヤモヤしたものだとこれまた カタチが崩れてしまうのです。
顕微鏡写真など 特殊な撮影は別として、自然の中での撮影においては
やはり、「瞬間の美」といえるのかもしれません。
・・・結晶については、なぜだか けっこう語ってしまうのは、なぜ???

お返事

2006-09-16-Sat-09:46
ウナムさん
スキーで見た結晶の思い出。
いいですね~。
やっぱり、肉眼で見た時って 感動しますよね。
私も 自分のウェアの袖にくっついた結晶を
なんとか自力で撮りたくて へんな格好で悪戦苦闘したのを思い出します。
奇跡のカタチにもいろいろあるみたいですよ。
私は この写真のようなカタチのものが一番好きでした。
また、他のカタチも見てみたいなぁ。

お返事

2006-09-16-Sat-09:55
Kさん
先日、大分県の久住の山小屋で5年間生活しながら写真を撮っておられた、
九州在住の写真家 川上信也さんとお話をさせていただく機会があったのですが、
「久住でも 霧氷は見れるが 結晶は まだ見たことがないです」
と おっしゃっていました。
私の場合、まず「結晶が見たい」と思い立って、いつどこに行けば見れるかを
インターネットでリサーチ。
あとは、なんとなく 野生のカンみたいなものに突き動かされて
北海道のど真ん中まで行ってしまったのです。
Kさんも まだご覧になられてないのなら
ぜひぜひ 感動体験ツアーを計画されてはいかがですか。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。