HASSEL 6X6ノート

HASSELBLADの正方形写真への思いを綴っています

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩くランドマーク in浅草

2006-10-10-Tue-22:34
10月6日、関東地方は激しい風雨に見舞われた。

強風に、私の傘は何度もあおられ裏返った。
カメラを構えても傘ごと体が飛ばされそうで、
シャッターが切れない。

雷門前では、数人の青年が シャワーのような雨に打たれながらも
「人力車はいかがですか」と お客さんを探していた。

こんな日に 乗ろうと言うお客さんは
まずいないだろうと思った。

仲見世から出てきた多くの人が、
地図を片手に 青年に 道をたずねる。

その度に、懇切丁寧に道案内をしている様子だった。
だが、道を聞き終わると 人は足早に立ち去っていく。


一夜明け、昨日の暴風雨が嘘のような青空が広がった。

「さぁ、今日は大忙しだぜぃ」

20061010215717.jpg


この人たちは、浅草のランドマークとしての
誇りを持っている。
スポンサーサイト

COMMENT



イヨーッ! 無法松、男伊達!

2006-10-11-Wed-22:56
人力車を浅草の象徴・目印と看破されたのですね。
人力車が通ると、周りがパァーと華やかになるから不思議です。
人力車といえば、
日露戦争後の小倉を舞台にした“無法松の一生”、無鉄砲でも心根優しく一本気。

スクェアcatさんの“歩くランドマーク”も、粋でいなせな男伊達を、感じさせます。
【報告遅れましたが、既に、リンクを張らせて頂いております。】

お返事

2006-10-11-Wed-23:15
Grayman2006さん
こんばんは。
まずは リンクの件・どうもありがとうございます。
私のほうも 早速 Grayman2006さんのブログを
リンクさせていただきましたi-179

なるほど 「無法松の一生」 、九州男児の象徴ですね。
同じ人力車でも 浅草の いなせなイメージとは違っているところが面白いです。
私たち九州人にとって、「粋」な世界は憧れであります。
浅草で 華やかな人力車を見た時に、
「はぁ~!これが 花のお江戸だいっ」と興奮いたしました(笑)

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。